Listing-Highの記事一覧

細分化の究極系「SKAGs」について考える

Googleが推奨したわけではないですが、検索広告のアカウント構造はSingle Keyword Ad Groups(SKAGs)にするのが良いと言われた時代がありました。「SKAGs」は主に英語圏で使われている表現です。日本だと「1キーワード1広告グループ」とか「1広告グループ1キーワード」とか言…

Google 広告の「品質」に関するよくある誤解

以前、「「品質」と「品質スコア」を改めて解説する」という記事で、Google 広告の広告の「品質」と、管理画面上で確認できるキーワードの「品質スコア(Yahoo!広告では「品質インデックス」)」について解説しました。今回はその続きとして、品質に関するよくある誤解について解説します。 [index] …

インプッションシェア損失率(予算)と時間別の傾向

Google 広告・Yahoo!広告の配信で、インプレッションシェア損失率(予算)が発生している場合、「インプレッションシェア損失率(予算)を減らすべき理由」では、「夕方から夜間に広告の表示が大きく減る」と書きました。こちらの記事ではその理由を、1日の広告費は午前0時からカウントされるので時間が遅い…

インプレッションシェア損失率(予算)を減らすべき理由

Google・Yahoo!の検索広告やディスプレイ広告では、インプレッションシェア損失率(予算)をなるべく発生させないことが、成果を最大化するにも、データに基づいた調整をするためにも非常に重要です。しかしながら、わたしが診断をするアカウントのうち、少なくない割合のアカウントで、無視できないレベルのイ…

運用者ならAND条件とOR条件は理解して欲しい

ご存知の通り、オンライン広告ではコンバージョン計測やターゲティングの設定が必須となり、これらの条件設定ではAND条件とOR条件を使い分ける必要がありますが、この条件設定がくせ者で、どんなに詳しく知っていても、運用のいわゆる成果改善にはあまりつながりません。ですが、知らないと初期設定ができません。かと…

Google 広告の来店コンバージョンの説明方法

Google 広告の運用をしていると、一度は来店コンバージョンの仕組みや条件・定義を質問されたり、「お店の前を通っただけでも来店になっちゃうんじゃないの?」という質問というよりは勘ぐりをされたりしたことがあるでしょう。そして、来店コンバージョンが計上される条件については公表されていないためGoogl…

「累積」の数値で運用型広告の傾向を把握する

運用型広告においては、配信状況の把握が何よりも重要です。配信状態の把握は、進捗だけではなく傾向の把握がとても重要なので、日別の数値をよく見ましょう。しかしながら、1日に獲得できるコンバージョンの数があまり多くないアカウントだと特に、日別の数字ではコンバージョン単価が改善傾向にあるのか悪化傾向にあるの…

Google・Yahoo!の検索広告のオークションの解説

今回は、誤解をされやすいGoogle 広告のオークションの進行について解説します。 検索連動型広告のもっとも大切な仕組みなのですがなぜか誤解されやすく、経験が長い運用者でも間違えていることが多い内容ですので、この機会に改めて認識をアップデートしてもらうと良いと思います。また、Google 広告のオー…

「品質」と「品質スコア」を改めて解説する

「品質」や「品質スコア」はGoogle・Yahoo!の検索広告の最も大切な概念のひとつですが、いざ「品質ってなんですか?」と説明を求められると自信がない方もいるんじゃないでしょうか。また、「品質スコアを上げれば成果も改善する」のような情報を一度は見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。これ…